パソコンに付いて

「具体的な銘柄選び」は、読んで頂けましたか。その他にも、このツールには、銘柄選びに役立つ機能を入れています。要は、配当の良い銘柄を、全体が下がるような地合いの時に買う。そんな考え方ですね。

当然、人によっては、それとは異なる考えを持って、うまくやれる人が居る。それも事実でしょう。是非、そうした技を公開して欲しい物だと思います。

そうやって選んだ銘柄を、10銘柄位持ち、配当を楽しむ気持ちで、値上がりを待つ。結構良い物ですよ。その意味では、損切などと言う事は考えの中に、有り得ません。

さて、今日は、パソコンに付いて言わせてもらいたいと思います。株をやっている人は、千差万別と言える考えとスタイルをお持ちでしょう。ですが、株でそれなりの利益を上げようと思うなら、パソコンは、良いパソコンにしなければと言う話です。

凄腕のトレーダーが居たとします。どんなパソコンをお持ちだと思いますか。町で売っている赤札が付いたような、値引きされたパソコンだと思いますか。違うと思いますね。高性能のパソコンを使い、大型画面で、何が起きても瞬時に把握する。通信回線は、当然の如く光でしょう。そんな連中が、ネットの向こうには、対峙している訳です。で、彼らに、画面に小さな赤札パソコンで勝てますか。

本格的な凄いパソコンは、すごい値段が付きます。でも、同じ性能のパソコンは、実は、自分で、組み立てられるのです。価格コムのパソコンを開けば、組み立てるための部品が売っています。そうした部品は標準化が進み、コネクターを繋ぎ合わせれば、意外と簡単に組み立てられます。是非、そこを勉強して、高性能のパソコンを組み立てて欲しいと思います。

メーカー製のパソコンは、ハードディスクが逝かれた時、お金もそうですが、結構時間が必要です。1週間とか、2週間とか掛かるでしょう。でも、組み立てパソコンなら、予備のハードディスクを持っていれば、バックアップから入れ直す。そう、2時間位ですかね。これなら、プロが使っているパソコンと比べて、バックアップ体制も、遜色無いでしょう。

CPUは、3GHz以上、できれば4GHz程度の4コア、8スレッド。メモリは、32G位を、ケチらずに入れて、Cドライブは、RAID仕様ですね。むろん、何かの事態に備えて、バックアップ用のドライブを接続して置く。これは常識でしょう。価格コムで集めれば、それでも、10数万円ですか。市販のちょっと良いパソコンクラスの値段で、高スペックのパソコンが組み立てられます。是非、チャレンジを。