証券会社はどこにする?

はっきり言って、良く分かりませんよね。手数料で選べば良いのか、提供されるツールで選択するのが良いのか、信用とか、規模とか、そうした会社の情報なのか、分かりません。

「証券会社はどこにする」と書いたまでは良いが、実は、私の知識では、偉そうに、ここだよとは言えないんです。で、お前は、と言われると、松井証券を使っています。なんで? なんでなんでしょうね。まだ良く知らない時に、名のある会社だったから、そんな事で決めたと思います。

松井証券より優れたツールを提供してくれる証券会社も有りますよね。そこに移るかと問われれば、面倒だし、良く分からないから、ここでいいやとなってます。松井証券で不足する機能を自分で作った。それがこのツールを作った動機でしょうか。

何が不足かと言えば、ヒストリーなんですよね。株を買った、何日に買った株だったっけ。そんな当たり前の疑問に簡単に答えられない。だからツールには Recording が有るんですよね。高機能のツールを提供する証券会社を選択したとしても、やはり、何か不足は有るはず。結局、自分で作るしかない。それがこのツールです。

逆に、グラフには、分析機能が載っていない。そこは、松井証券のツールの方が気が利いているし、確かだ。おそらく、各証券会社のツールには、競う様にそうした機能が盛り込まれているのではないかと思います。

もう一つの特徴は、ネット上に公開されている情報を取り込んで、勝手に使わせてもらう。節操がないから、必要なら、良いと思えば、どこのデータでも使っちゃう。とりあえず、知っている所のデータを利用させてもらっていますが、ここに役に立つデータが有るよと教えて頂ければ、それを取り込むプログラムを書いて、使っちゃうかも知れませんね。証券会社では、そんな節操のない事は、出来ないと思います。そこが特徴ですね。

他の証券会社を知らないので、このツールを組み合わせて使えば、少しは役に立つのかどうか分かりません。いろいろな事を教えて頂ければ、幅が広がると思います。