シムズ理論

シムズ理論などと言う話が、どこから出て来たのか、麻生太郎財務相が、参院財政金融委員会でこき下ろした。その背景には、財務省の役人から出てきて、それを上司に当たる麻生さんが、反対した、そう解釈すべきだろう。

麻生さんの弁を借りれば、シムズ理論とは、金融政策よりも財政が物価の水準を決めると言う訳だ。物価を目標の2%にするには、国の借金の事は忘れ、財務省にふんだんに金が回る様にすれば、物価は上がる。如何にも財務省の役人が、自分たちに都合の良い理論を見つけてきて、政治家を動かす。そんな魂胆が見えそうな理論だ。

芸能人が、役者としての賞味期限が切れたので、その知名度を利用して政治家になる。あちこちに、元タレントの肩書を持つそんな政治家は多い。そんな脳みそタラント議員ならいざ知らず、麻生さんは、騙せない。そんな一幕だったのだろう。

物価上昇が日本経済の目標ではない。物価上昇は、金融緩和政策からもたらさられるただの現象に過ぎない。人口減少社会に有って、経済成長が出来なくても、マイナス成長にならなければ、実質成長と同じ意味だ。有効求人倍率が改善され、希望さえすれば、働き口が見つかる、そんな社会が実現すれば、それが成功だ。その時、物価は、安定している方が良いに決まっている。それを勝手に現象と目標をすり替える所なんぞは、さすが、財務省は、したたかだねと言いたくもなる。

さて、そもそもシムズ理論とは、何だと言う事だが、国が、財政規律を放棄すれば、国民は、増税の心配から解放され、消費が増えると言う話だ。消費が増えれば、物価が上がる。何とも、財務省が喜びそうな理論だ。

逆に、財務省が無駄を省いて小さな政府を目指せば、国民負担が減り、消費が増える。そっちの方が良いと思うが、それは決して言わない。

金融緩和で、金は今どこに溜まっているのだろうか、とにかく増えたのだろうね。貯金をしていても、金の総額が増えれば、希釈効果で価値は目減りする。どこかに溜まっているが、それが紙幣となって市中を駆け巡れば、インフレとなり、価値は、目に見えて目減りする。デフレ脱却とは、真に恐ろしい現象だ。

だが、どうやらその金は、企業の内部留保として幾分かは溜まっているようだ。今、企業業績は良い。人が足らずに、有効求人倍率は、とうに、1を超えている。恩恵に与かるには、企業を通して、還元してもらうのが良さそうだ。それには、株だね。配当と言っても良い。その配当、11兆円位の規模のようだ。

藤巻健史氏の「日本破綻」には、インフレに備えて、株が良いと書かれている。それもできれば、外国株だ。具体的に言えば、アメリカ株なのだろうね。確かに、アメリカ株は上がっている。日本株は、足踏みでも、アメリカ株は、上がっている。

日本人で、アメリカ株を持つのは結構大変でしょう。向こうの証券会社と話す必要も出て来る。英語でね。そんな手間を代行してくれる日本の証券会社も有るが、使ったことが無いので分からない。どの株を買ったらよいかもわからず、証券会社のお勧めで投資はしたくは無い。それでは、今はやりのファンドラップと変わらない。実績を示されても、それは、株の高値掴みと同じではないのかと思ってしまう。やはり、株は、自分で選んで、安い時に買って、高い時に売る。同時に、インフレに備える。それが良いと考えている。