10年で倍を目標にする

「私の株研究」では、10年で、倍を目標にしています。まず、配当の良い株を探す。そう、4%以上の配当の株を探す。10年経てば、計算上は、40%となるはずですね。残りの60%は、キャピタルゲインで埋める。そんな計算になります。

10年で、たったの、倍かよと、嘆かないでください。年に換算すると、10%です。企業でも、10年間、毎年10%成長できる企業は、優良企業です。そこは、欲を抑えて、豊洲ではないけど、安全、ついでに安心を優先させましょう。

まず、配当の良い株は、メニューの「Task」、「Data_&_Graph」から、Windowを表示させ、「Data Source」から、データを貼り付けます。この辺の要領は、ビデオマニュアルで確認してください。

次に、Y軸に配当利回りを選択して、X軸にPERを選びましょう。上の方は、高配当銘柄です。出来るだけ、左側にある点をクリックして、銘柄を確認しましょう。要点は、その会社は、安全で、安心かですね。それは、Yahooのファイナンスなどで調べましょう。配当に途切れは無いか、いろいろな角度で検証します。株探ニュースでも検索を怠らずに調べます。候補の株が、問題ないとなったら、10年で、40%は確保ですね。残りの60%は、10年で達成できるのか、そうした銘柄は、有るのか、それを今回は、考えてみます。

Stock One Thousand は、残念ながら、10年のデータを想定していません。1000日分ですから、約4年ですね。そこで、10年で60%なら、比例配分で、4年で24%計算になります。株価グラフの一番左をクリックして、[Data_&_Graph」で表示させたWindowの右端をマウスでつまみ、右に広げます。Data-1の所の「取り込み」をクリックして、計算開始日を決め、次に、株価グラフの右をクリックして、計算終了を決めます。「計算開始」で計算すれば、その間の伸び率が、表のData-1に入ります。

表を右にスクロールして、Data-1が見える所までスクロールします。Data-1の表題を、Ctrlキーを押しながら、クリックします。すると、項目が大きい順にソートされたと思います。Ctrlキーを押さなければ、小さい順になります。表示された数字は、伸び率です。4年ですから、24%以上が、対象の銘柄と言う事になります。驚く事に、10年持っていれば、実に多くの銘柄が、その条件を達成してる事が分かります。

もっとも、株は、外的要因と内的要因の分ければ、この4年間は、外的要因が大きく作用した為に、株が上がった、そう見すべきでしょう。従って、逆もまた真なりと捉えば、外的要因が悪ければ、そう簡単には、達成できないとも考えられます。従って、株は、外的要因を大いに参考にして、安い時に買う。そこがポイントと言う事になります。

所で、今の外的要因は、どうなんだろう。そんな話は、もうちょっと様子を見る時かも知れませんね。アメリカの株は上がっている。なのに日本の株は、足踏み状態。この差が続けば、やがて、買いのチャンスが来るかも知れません。