ロシアンゲート VS. 中国リスク

読売新聞には、『米軍、初のICBM迎撃実験に成功…北をけん制』と題して、米ミサイル防衛局は30日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の迎撃実験を同日、初めて実施し、成功したと発表した。

北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返し、米本土を攻撃可能なICBMの開発に向けて技術力を高める中、米軍のミサイル防衛能力の高さを誇示し、北朝鮮をけん制する狙いだ。とある。

わざわざ実験して見せなくとも、弾道ミサイルを打ち落とせる技術は、すでに開発済みだったはずだ。それを、実験をして見せる事で、何を狙ったのか、そこを考える必要が有るように思う。

北朝鮮が、弾道ミサイル実験をすれば、そうしたニュースが、自由主義圏内の経済に悪影響を与える。顕著な例は、株価の変動だ。そうした悪影響の総額は、非常に大きなもので、見方を変えれば、北朝鮮に与えた経済制裁の額よりはるかに大きいと見るべきだろう。

かと言って、北朝鮮が見せる軍事的デモンストレーションを報道しない訳にも行かぬ。となれば、北朝鮮の弾道ミサイルは、我々の技術水準の前では、張子の虎と同じだよと人々に示し、経済を安定化させる。そうした役割の方が大きいかも知れない。事実、こうした実験を予定している事が報じられると、北のミサイル実験による株価の影響は、株価の変動を見る限り、見えないように思う。

今株価に影響を与えているのは、北ではなく、ロシアンゲートと言われるトランプ政権のごたごた。それも民主党の追求だ。だが、どこの株価が影響を受けているのかと問えば、アメリカの株価は悪くない。影響を受けているのは、何故か、むしろ日本かも知れない。

ロシアも中国も、共産主義と言うのは、スパイを使って他国の政権へ工作をするものだ。その発端は、トランプ氏がモスクワを訪問した際、ハニーポットに引っかかったとされる件だ。そうした事がテレビで報じられた。真偽は分からぬ。だが、普通に考えれば、そうした事が有れば、ゆすりのネタなのだから、公表などせず、闇で使う。それが普通でしょう。民主党が絡む話だけに、当時の大統領選挙の為のネガティブキャンペーンと見る方が妥当かも知れない。

民主党は、ロシアのスパイ工作だけを取り上げているが、中国に対しては、何一つ言わない。トランプ政権では、クリミアに関して制裁まで課すが、中国の力による現状変更で、血まで流れた、南沙諸島、西沙諸島に人工島を作り石油掘削まで始めた中国には、何も言わなかった。

その背景は、中国による裏工作が功を奏していると言われている。クリントン夫妻は、中国企業との関係が深い。今回の大統領選挙でも、その選挙資金は、約43億8000万円と報告されている。さらに、これとは別に、政治資金団体「スーパーPAC(政治活動委員会)」は、5200万ドル(約54億3000万円)を用意しているとされる。およそ100億円の内、どこまでが中国からの裏金なのか、どこまでが善意の資金なのか、トランプ氏の選挙資金と比べると、殆どが裏金と言われても仕方がない。

その奥さんが、ポストオバマの大統領候補だ。オバマ政権下の国務長官の資格で中国を訪問した時には、南沙諸島、西沙諸島問題には、ただの一言も触れなかったとされる。

そうした中国からの金は、オバマ大統領出馬の時にも使われた。オバマ自身も中国からの金を直接もらったと言われている。その返礼なのか、オバマは、国家情報会議の委員長にチャス・フリーマン氏を任命した。この職種は、アメリカ国家の中心になるスパイの総元締めだ。そこに事も有ろうに、中国の手先と言われる人物を据えた。このネタは、NHK特派員であった日高氏の日高レポートからだ。

そうした事を考えると、株価に影響を与える要素は、ロシアゲートではなくて、中国だ。北朝鮮と中国の関連で言えば、もう直ぐトランプ氏と交わした100日猶予期間が来る。結局何もしていない中国に対して、トランプ氏は何をするのか。何を言うのか、それを民主党は中国の為に何をするのか。その駆け引きが始まる。アメリカの株価が動けば、日本の株価が大変動する。そんな予感がする。

配当の恩恵

今、Amazonで買い物をした。128,000円だ。荷物が届くのは、2日か3日後と表示されている。現実は、早めになる事の方が多い。これも6月の配当をあてにしたから出来る大盤振る舞いかも知れない。買ったのは、アイコムの無線機で、IC-7300と言う機種だ。アマチュア無線の無線機だ。

実は、アマチュア無線の免許が、昨年失効してしまった。JARL(日本アマチュア無線連盟)に加入していたが、会費が高いので脱退した。脱退すると、QSLカードの転送に困り、めんどくさくなって、いつの間にか電波を出す事が無くなり、再免許の手続きの通知が来た時、そのままにしていたからだ。

無線機をかたずけ様かとも思い、ネットで調べると、今の機種は魅力的で凄い。定番のメーカをそれぞれ見て行くと、メーカそれぞれの個性を盛り込みつつ、ちゃんと今の技術を取り入れ、新製品を投入しているんだね。中でも、手軽な値段で良さそうなのが、八重洲無線とアイコムの無線機だ。八重洲は、無線家がコンピュータの技術を取り得れた送信機、そんな感じの製品だし、アイコムは、コンピュータ大好き人間が無線機を作った。そんな感じがする。僕が挙げた軍配は、アイコムになった。

次の問題は、QSLカード問題だ。今の時代、ネットで何とかならないのかと調べると、eQSL.ccと言うのを見つけた。まだ普及半ばだが、3割くらいの普及率になりそうだ。何もないのは困るが、eQSLと言う方法が有れば、それを前提にすれば、JARLに入らずとも何とかなりそうだ。また、そうあるべきだと思う。

調べる途中で、『「貧乏ハム」は「アマチュア無線局」の34年問題にどう対処すればよいか?』などと言う記事も目にする。その記事を読み進めると、例によって、JARL内部の利権に匂いがプンプンとする内容だった。まあ、許認可が絡む日本の組織は、みんなそんなもんだよ。日本で、無許可で使えるのは、省電力トラシーバなんて言って、10mWだよ。これじゃ20mか30m位しか飛ばない。それ以上なら、税金を払えと言うのが日本だ。日本じゃ、税金を払わないと、トラシーバで遊ぶこともできない。利権でがちがちに固まっている。アマチュア無線だって、免許申請には、8,100円かかる。これを高いと感じているのは、僕だけではないはずだ。

ついつい愚痴になってしまったが、現代のハイテク機種の魅力にひかれて、またやってみようかと言う気になった。アマチュア無線と言っても、昔の様に、送信機を自作する事もない。自作をすれば、技術基準適合証明を受けるために、余計な出費を覚悟する事になる。秋葉原も、すっかり変わってしまった。今できる事は、せいぜい、アンテナをいじる位となってしまった。電子立国日本を作ったかつてのラジオ少年も、今は長生きリスクを心配する世代だ。許認可の規制にがんじがらめになってしまった日本には、次の世代をけん引するかつてのラジオ少年は育たないのではないか。そんな心配をする。

何はともあれ、荷物の到着を楽しみに待とう。それもこれも、株の配当と言う恵みが有るから出来る話だ。配当の残りは、再投資に向け、株の研究を深めよう。次の12月の配当は、何に使おうか、いろいろ考えるのも楽しみが増えて良い。

長生きリスク

人生は長い。定年を過ぎてからの長生きリスクと言うことも考える必要が有るように思う。60歳で辞めても、85才までなら、25年は有る。その25年間の間に手持ちの金を25等分して使っても、それより長生きするかも知れない。それが僕が考える長生きリスクだ。

その時、配当の良い株、そう、ここで言っている4%以上、出来れば5%以上の時に手に入れた株を持っていれば、長生きリスクは、リスクでなくなる。理想的に5%で手に入れたとしよう。税金を払っても、4%を手取りとして使える計算だ。その金額は、25等分した金額と同額となる。上手く行けば、キャピタルゲインだって付く訳だ。

そこで、株はどうだと聞くと、人は、損するのは嫌だと言う。だから、銀行に預けて置くと言う。誰だって損はしたくない。それも分かる。でも、株イコール損だとは決まっていない。自分が定年まで勤めていた会社より、世の中には、しっかりした会社が有るはずだ。その会社を信用しても良いのではないか。そう思う。だが、その前に、そういう人は、そもそも投資に対して、調べる事すら、していない様に思う。それは、ビジネスの基本と言っても良いかも知れない。

投資には、6つの確認事項が有ると言われている。プロセスと言った方が良いかも知れない。
①投資に対する期待収益率だ。ここでは、配当を4%以上とした。
②その株の予想収益回収期間とでも言おうか、株を持つ期間を想定する必要が有る。
③そうした収益を現在価値にしてみる。
④投資が上手く行く確率も考える。
⑤投資が失敗した時のコストも考える。
⑥他の投資も比較対象として、検討する。

結局、現在価値に直した収益に成功確率を掛け、その額と、失敗のコストを比べ、有利な投資を選択する事になる。

株が下がった時に、配当が5%を超える銘柄をツールを使って探す。それぞれの銘柄の過去の配当実績や配当性向を検案して、高い配当を続けられる会社か、考える。また、その期間はどの位だろうかとも想定する。調べた情報の確度から、成功確率を検案する。失敗コストも計算する。

最後に、もっと有利な投資は無いのか。比較検討をする。上記の6つのプロセスを踏むなら、株に限る必要もない。比較できるからだ。前のブログにも書いたが(3月22日)、株は、不動産投資より有利と考えた。その答えは10年後かも知れないが。

トランプ大統領のFBI長官解任問題を受けて

ロイターには、『ドル/円下落、一時110円台 米大統領巡る疑惑受け=NY市場」と題して、終盤のニューヨーク外為市場では、ロシアの米大統領選関与疑惑を巡りトランプ大統領に対する弾劾裁判の可能性が持ち上がったことなどを受けて、ドルが主要通貨に対し売られた。一方、比較的安全な資産とされる円に投資資金が流入し、ドル/円<JPY=>は一時、1.95%安の110.93円をつけた。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は、一時0.6%安の103.82となり、昨年11月9日以来の低水準に下落した。とある。

絶好調だった米国株が、トランプ大統領のFBI長官解任問題を受けて、やや値を下げている。その影響なのか、日本株は、大幅な下落を呈した。買いのチャンスが到来するのか、それとも何か、不気味な事が起きる前触れなのか、見極める必要が有ると思われる。

まず、FBI長官の解任問題だが、アメリカの民主党が騒いでいる政治的キャンペーンの一環だろう。それに乗ったマスコミが騒いでいるので大きくなった。実際には、ロシアとの不正な関係を示す証拠は何一つ無い。これから起こる最悪のシナリオが有るとすれば、政治素人のトランプ大統領が、これに関連して失言をして、そこを突かれる可能性が有る点だ。

もっとも、トランプ大統領の失言は、日常茶飯事と考えれば、その内のどれを取って問題発言とすべきか、マスコミも、民主党も迷い、大統領を弾劾する場面に持って行く事が出来ない。それが現実だろう。出来る事は、せいぜい、政策を遅らせる事だけ。日本の野党とさして変わらない。

だが、初めに為替が動いた。為替が動けば、株価が動く。例によって、安全資産の円が買われ、円高になったと解説されている。その円高が、日本の株価を下げた。特に、金融株は、下げが大きい。円高で最も影響を受けるであろう自動車株は、それに比べると、さほどの事では無いように思える。その辺が、安全資産の円買いと言う解説に、疑問が湧く。疑問は、円を買ったら、投資家は、その円で何に投資するのかと疑問が生ずる。ただ、円を遊ばせて置くだけですかとね。安全資産の円買いと言うフレーズは、真実を突いていない気がする。

アメリカ株が下げた原因は、この騒動で、トランプ景気の公共投資への期待感が、遠のいた。時期がずれた。そう考えた一部の投資家が、株から、別の投資先に鞍替えしたと考えるのが良いかも知れない。下げ幅から、あくまでも一部の投資家の範疇だと思う。

となれば、本当に円が安全資産ならば、為替は、やがて戻る。株価もやがて戻る。そんなに長い期間は必要でないかも知れない。戻るのであれば、短期の投資として株は買いかも知れない。1週間、2週間、それは分からない。責任も持てない。数%の変動幅を利用した短期投資には、絶好のチャンスかも知れない。

もっとも、「私の株研究」の考えからすれば、来月には、待望の配当が実施される。何もここでジタバタする積りは無い。だが、今後の参考として買った積りは、考えても良いかも知れない。円が、安全資産だとする説も鵜呑みにしない。となれば、期間も倍くらいの長めに考えるのが良いかも知れない。

参考: 為替と株の関係は、ツールメニューのTask、Plus_Windowsで開き、「Money Exchange」ボタンをクリック。USD/JPYの日足データファイルをダウンロードして、右側のリストにDrag&Dropする。リスト上に為替が追加されるので、それを選択すれば、左のリストで株価を、右のリストで為替を選択すれば、グラフ上で為替と株の関係をグラフで確認する事が出来る。

投資顧問会社の推薦株をフォローする

ネットには、[株式]5月の急騰株を配信の見出し。思わずクリックして、中身を確かめる。そこは、「スターライフ投資顧問」と題して、具体的に3銘柄を挙げていた。その銘柄は、3782、DDS。6198、キャリア。4288、アズジェントの3銘柄。そこで、自分なりに、この3銘柄を評価してみる。

まずグラフだ。3782から始める。1000日では、長すぎるので、800日に変える。山が2つ見られる。これは、何かニュースが有って、急騰したのだろう。そうだとすれば、そのニュースの内容次第と言う事になるが、過去の例を見れば、そのニュースが冷めれば、株価は低迷する。5月に急騰と有るが、グラフから見れば、今買えば、急落かも知れない。

ツールのTask、Data_&_Graphから、ウインドウを横に広げて、「株探ニュース」をクリックして、ニュースを確認する。まず初めに出て来たのが、業績予想だ。いろいろ解説が有って、終わりに、当面は上昇基調継続を想定とある。これだな。5月に急騰と言うのは。

配当を調べると、配当予定は無い。よって、「私の株研究」では、買わない銘柄となる。だが、興味が有るので、この3銘柄に関しては、5月の株価動向をフォローしてみたいと思う。つまり、連休明けの8日に買ったとして、5月の末に売ると、儲けるのか、損するのか、株価の動向をフォローして見たい。むろん、実際には買わない。

北朝鮮問題も先が見えた?

やはり、4月14日(金)か、17日(月)辺りが底だった。それを上手く掴んだ人も居るかも知れないし、決められずにチャンスを逃した人も居るかも知れない。株価が下がれば買うと決めた私のやり方では、底に付くまで、買い進めた事になる。事実、私は、そうした。

それが、今では、北朝鮮の問題も、想定の範囲が見えて来た気もするし、リスクテイクの兆しとなったのだろう、株価が戻り始める。配当が目的とは言え、買った値段より下がるのは、快い物では無い。かと言って、値上がったからと言って、わずかの差額で手放す気もしない。日々の株価に一喜一憂するのは、間違いだと分かっていても、根っこが好きなんだろうね、気になる。

さて、6月になれば、配当が付く。手持企業の株に、予定配当の変更は無さそうだ。もらえる額も、あらかじめ計算できる。今の計算では、3.7%かな。税金を引けば、その分下がってしまう。それが、2%を割るまでに株価が上がれば、手放す事になる。丁度2%と言うのが有るが、今より上がれば、手放す事に成りそうだ。

投資した額から計算すれば、全体で23%のキャピタルゲインを示している。売れば、税金が取られるし、その売ったお金は、次の下がった時まで、配当が付かない。やはり、少しくらいの値幅では、売る気になれない。目標は、10年で倍だ。1年換算すれば、10%と言う事になる。4%以上の株を10年位長く持つ。その時、キャピタルゲインが60%以上を期待する。2%で売るとは、倍の値段が付いた事になる。大体の配分は、40%を配当で、残りの60%をキャピタルゲインで埋める計算だ。企業でも、毎年10%成長できる企業は、良い企業と言える。株も、欲をかき過ぎず、その辺で良しとすれば、リスクは少なくなる。今の所は、そうした考えを変更する必要は無さそうだ。

6月になったら、手に入るだろう配当の事を考えると、うれしくなる。だが、これと言って使い先が決まっていない。有るからと言って、無駄使いはしたくない。株を売っても、売ったお金は、証券会社の口座の中だ。配当で手にする現金は、それとは別の嬉しさが有る。実感と言った方が良いのかも知れない。お札を手にするのと、証券会社の数字を見るのとでは、バーチャルか、リアルかの違いだが、リアルの方が、ご苦労様って言うか、これが成果なのかと、実感できる。

金持ちになりたいのだが、10年で倍を目標に株を運用しても、本当の意味で金持ちにはなれない。一生の間、失敗もなく、運用に成功してもだ。金持ちにはなれない。何せ、元金が小さいかったからね。親譲りの元金でもあれば、30年も続ければ、8倍でしょう、切り良く10倍とすれば、分かり易い。かと言って、一か八かのリスクは、取りたくない。それでは、ばくちと変わりが無くなってしまう。

そんな時、配当金で何かできないか。配当金なら、大きなリスクを取って、失っても再びチャレンジが出来る。配当が入ったら、銀行に預けず、お金を目の前に置いて考えてみよう。それでも、ばくちはしないけどね。