Windows10 のCreators Update

Windows10 のCreators Updateが実行された。大きな変更と見えて、Updateには、何時ものとは違う時間が掛かった。その一つが、圧縮ファイルをダブルクリックだけでは、解凍してくれない変更だ。簡単に解凍できなければ、このサイトで紹介している「Stock One Thousand」のツールにも、その影響は出てしまう。そこで、その対処方法を追加したい。

まず、解凍の為のプログラムを準備する必要が有る。便利なのが、「Lhasa.exe」と言うプログラム。他にも有るが、「Stock One Thousand」を使うのであれば、これにして欲しい。おそらく、今まで以上に使い勝手が良くなるから。

ネット検索で「Lhasa.exe」を検索する。似た様な名前で、沢山の解凍ソフトがヒットするが、正確に「Lhasa.exe」でなければ、使い勝手は良くならない。自分は、ここからダウンロードした。ダウンロードしたファイル名は、「Lhasa020.exe」だった。

ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックしてインストールする。インストールされる場所を変更しない。変更しなければ、「C:\Program Files (x86)\Lhasa\Lhasa.exe」のパスにプログラムファイルがコピーされる。それを確認して欲しい。そこまで済んだら、毎日のデータを追加する段取りを説明したい。

毎日のデータを「Stock One Thousand」に追加するには、メニューの「Help」から「Web_Stock_Data」を選択して、株価情報日経225先物に飛ぶ。表示されたカレンダーから、必要な日付のデータをダウンロードする。ここまでは、今までと変わらない。ダウンロードされたデータは、「D170607.LZH」などの圧縮形式となっている。

従来は、このファイルをダブルクリックすれば、解凍できたが、Creators Updateが実行された後は、それが出来なくなってしまった。そこで、「Lhasa.exe」と言う解凍プログラムをインストールした。「Stock One Thousand」は、それと連携してデータを追加できるようにプログラムは出来ている。

「D170607.LZH」などのデータが、ダウンロードできたら、そのファイルを「Stock One Thousand」のグラフ位置にそのままDrag&Dropする。「Stock One Thousand」は、拡張子を調べて、圧縮されたままなので、「Lhasa.exe」が所定の位置にインストールされている事を確認して、それを使って解凍する。解凍されたデータを引き続きプログラムの中に読み込む。そんな流れで、データを取り込んでくれる。使い勝手は、今まで以上に良くなったと思います。